ホーム > マルチーズの飼い方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マルチーズの飼い方

初心者におすすめの室内犬

暑がりで寒がりなマルチーズは、屋内で飼うのが普通ですが、あまたの室内犬の中でも、とりわけ飼いやすい犬種として知られています。

まず、マルチーズが1日に必要とする運動量は30分程度。さほど多くの運動をさせなくてよい上に、活発な性格なので家の中で自由に遊び、みずから運動してくれます。家の中で元気ならば、散歩を毎日おこなわなくても、運動不足におちいる心配はほとんどありません。

室内犬となると、通常は、抜けた毛の掃除が大変になるものです。長く繊細な毛を持つマルチーズは、特に面倒そうに思われがちですが、実は下毛(アンダーコート)がないシングルコートの犬種なので、抜け毛がありません。季節による換毛もないので、家財や衣服につく抜け毛に悩まされることはさほどないでしょう。

マルチーズの性格はおとなしく、人見知りをする面もありますが、人間を傷つけるようなことはまずありません。お子さんやお年寄りのいるご家庭でも安心して飼うことができるという点も、室内犬としてすぐれた特長です。

また、マルチーズは頭がよく、ものおぼえがよいので、しつけも楽な犬種です。この点でも飼いやすく、初心者に向いていることの大きな理由となっています。

毛のケアだけが問題?!

すき通るように美しい純白の毛は、マルチーズ最大の特徴であり、これを美しくたもつことに、マルチーズ・オーナーの「手腕」がためされていると言っても過言ではありません。

とはいえ通常は、毎日ちゃんとコーミングしてあげる程度でかまいません。ただし汚れやすくはあるので、雨上がりの地面を歩かせたあとなどには、きちんと洗ってあげる必要があります。

地面まで届くほど長いフルコートの場合、毛なみのケアは少し大変になりますが、お手入れが楽なように短く刈り込んだスタイル(サマーカット)もポピュラーになっています。特に日本の一般家庭では、短毛にするのがごく普通です。

マルチーズの美しさはフルコートでしかありえないという意見もあります。ショーに出すつもりならそうかもしれませんが、家族の一員にむかえ入れるのですから、一緒に生活しやすいスタイルを優先することも正しい選択でしょう。いくらフルコートでも、手入れがゆき届いていなければ、むしろ醜くなりかねません。ご自身の生活に合わせて、お好きなスタイルをお選びになることをおすすめします。

マルチーズってどんな犬?

マルチーズとは?

マルチーズの性格

マルチーズの歴史

マルチーズを飼う有名人

マルチーズの病気

マルチーズを飼おう

マルチーズの選び方

マルチーズの飼い方

マルチーズのしつけ方

マルチーズのドッグランデビュー

マルチーズの人気カット