ホーム > マルチーズの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マルチーズの病気

流涙症(通称:涙やけ)

流涙症(りゅうるいしょう)は、マルチーズに多い病気として知られています。症状は、目に常時、涙があふれるようになり、目やにが増え、目の周辺が汚れて毛を赤く変色させ、いわゆる「涙やけ」が出現します。目から鼻のわきにかけて涙に汚れ、不潔になるため、まぶたや鼻のわきに湿疹を引き起こすこともあります。それを犬が自分でこすってしまうために、状態を悪化させることになりがちです。

原因はさまざまですが、代表的なものは涙小管の異常です。通常、目をうるおわせる涙は、こぼれ落ちることなく目頭の穴に吸収され、涙小管を伝って鼻へと送り出されます。しかし、なんらかの理由で涙小管が詰まってしまうと、涙が行き場をなくして目からあふれ出てしまうことになるのです。

その他の原因としては、結膜炎や角膜炎、あるいは鼻炎など、目鼻の病気によって涙の量が過剰になる場合があります。また、目の周囲の筋肉(眼輪筋)がおとろえて涙を吸収しにくくなることで、涙があふれてしまう場合もあります。さらに、毛先が目にかかって涙が流れてしまうこともあるようです。

毛が原因であればカットすることで解決しますが、その他の原因を究明して治療するには、動物病院での検査が必要です。自宅での応急処置としては、まめに涙をぬぐい取って、まぶたを清潔にたもち、湿疹や結膜炎などに発展しないようケアしてあげてください。

目とひざに注意!

流涙症がそうであるように、マルチーズは目の病気にかかりやすい傾向があります。たとえば、まつ毛が二重に生える二重睫毛(睫毛重生)や、まぶたが内側に巻き込まれる眼瞼内反症(逆さまつ毛)は、眼球を刺激し、流涙症や結膜炎を引き起こす恐れがあります。

小型犬に多いひざの病気にも注意が必要です。特に膝蓋骨脱臼は、うしろ足のひざ関節のお皿が外れてしまう病気で、初期症状では歩行に支障がなく、異変に気づきにくいため、重症化する可能性が高くなっています。小型犬では先天性の場合も少なくなく、幼犬のうちから早期に外科手術をおこなうことが推奨されます。

また、幼犬のときには低血糖症にかかりやすいので注意してください。

マルチーズを飼う際には、必ず一度は動物病院にて健康診断をおこない、目とひざを重点的に検査してもらうことをおすすめします。

マルチーズってどんな犬?

マルチーズとは?

マルチーズの性格

マルチーズの歴史

マルチーズを飼う有名人

マルチーズの病気

マルチーズを飼おう

マルチーズの選び方

マルチーズの飼い方

マルチーズのしつけ方

マルチーズのドッグランデビュー

マルチーズの人気カット